×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 さぁさぁ、お茶会にしましょう

 クッキーにキャンディー、淹れたての温かな紅茶

 さぁさぁ、本は閉じてお席にどうぞ―――あら、なんだか周りが大きく見えませんか?





Alice In Wonder 1 ―某日、平和な昼下がりにて―





 皿一杯に盛ったクッキーと、ちょっと贅沢をして買った良質な茶葉にお湯を一杯入れたサモワール。フルーツを凝縮した季節のジャム。お盆に載せたそれらを真っ白いクロスを敷いたテーブルへと並べていく。
 仕上げに庭に咲いていた花を一輪、花瓶代わりのグラスへと挿して文字通り花を添える―――完璧だ。
 すっかり場を整えたリビングに大きく頷くと、プーチンは弾んだ声を上げた。

 「キレネンコさん、お茶にしましょうか!」

 ワクワク、という擬音語が聞こえてきそうな声音に、呼ばれたキレネンコが雑誌から僅かに顔を上げる。向ける赤い瞳は昼真っ只中だというのに半分ほど閉じている。世界の大半に興味がない無感動な目は設えられた茶席を見ても、変わらず輝くことをしない。
 そんな張り合いのない、準備一つ手伝わなかった同居人に対してけれどプーチンは嫌な顔一つせず彼の紅茶を用意した。
 カップへ落とす角砂糖は一つ―――意外と甘党な相手の好みは、すっかり熟知している。紅茶の柔らかな芳香に甘い匂いを足した、とろり琥珀の色合いを濃くしたお茶にジャムと笑顔を添えて差し出す。

 「はい。どうぞ」
 「…………」

 受け取る手は礼も言わない。それどころか雑誌を片手に持ったまま、閉じもしない。全くもって無作法極まりないが、カップを受け取る際プーチンの方へと顔を向けただけ大分進歩したといえる―――もっとも、すぐにその顔は紙面へと落ちたが。進歩したとはいえ新刊の雑誌を脇に退けてお茶に集中するという段階までにはいっていない。そこまで到達するには魚が陸に上がって二足歩行するくらいの時間が必要ではないか。果たして、彼の寿命とどちらが長いだろうか。

 でも、嬉しそうな顔してるから良いか―――無表情の顔に映る、ほんの些細な差を見てプーチンは寛容にもそう思う。

 お茶会で重要なのは、美味しいお茶を楽しく飲む事だ。会話が弾むのが理想的ではあるが、普段の会話も必要最低限の無口な相手にそれを望むのは少々難がある。
 それにそんな事をしなくても、プーチンは趣味に浸るキレネンコと向き合っているだけで十分満たされた。胸の中にほんわり感じる温かさに自然目元も緩くなる。
 向かいではカップが大人しく口へ運ばれている。無事合格をもらえたようだ―――出生が良いからか、何でも食べる割には舌の肥えたキレネンコの反応は正直だ。
 何時ぞや刑務所で看守に(無理矢理)入れさせたお茶を飲んだ時は、無言で金髪の頭の上でカップを逆さまにしていた。反抗の意としてわざと温めに淹れていたのが自らを助けるとは、浴びた側も思っていなかっただろう。
 感想一つ漏らさず静かに雑誌と紅茶を堪能するキレネンコに倣い、プーチンも自分のカップを持ち上げる。

 アンティーク調のお揃いのカップを眺め、益々幸福な気分が増す。平和だ―――おだやかな昼下がり、世界はまさに平和だ。

 甘いお菓子と、香り高い紅茶と。目の前に居る、大切な人と。幸せと言うならこれ以上の幸せはきっとない。

 芳醇な香りと幸せが胸いっぱいに広がるのを感じながら、紅茶を一口―――味わう前に目の前でガバッ!と勢い良く上げられた顔に、プーチンは思わず口のお茶を吹いた。

 「ぶっ!?」

 お茶会の席に相応しくない反応は、幸いも向かいにかからずに済んだ。が、相変わらず無表情の、けれど眠そうな目にやたら真剣な眼差しを浮かべたキレネンコはそんなの関係ないと言わんばかりに口を開く。
 「―――今日は、何日だ」、と。

 「―――はい?」

 ゲホゲホと咽ながら、プーチンが目を丸くする。唐突に、何を言うのか。
 ―――などという至極当然の疑問は感じずに、正直な彼は言われるままに頭を巡らせる。
 今日は何日か―――特に勤めをしているわけでも出所日を待ち望んでるわけでもないせいで日付の感覚は薄い。一応飾っている
カレンダーを思い浮かべ漸く、本日が何月何日か思い出せた。

 あ、そういえば今日は卵の特売日だった―――あとで買出しに行かないと。

 急がなきゃ、と全く腰を上げる気はないプーチンがのほほんとして告げた日付に。

 

 「!!!」

 

 赤い瞳がくわりっと開いた。


 「え?えっ??」

 極端な衝撃を表す相手に、言ったプーチンの方が戸惑う。自分は何か、間違えたことを言っただろうか。
 雷に打たれたような表情を浮かべて一瞬固まったキレネンコは、バッともう一度雑誌に目を落とす。
 緑色の、真ん丸に開いた目が呆然と見守る中―――紙面の一点だけを睨んだ相手の唇が、微かに動くのをプーチンは捉えた。

 急がなきゃ―――今、そうおっしゃいませんでしたかキレネンコさん?

 ちょっとしたシンクロを感じさせる言葉に「どうしたんですか?」とプーチンが声をかけようとする。
 その「ど」を言うか言わないかの内に―――赤色が、視界を翻った。

 「―――え?」
 
 ぱちり。
 瞬きひとつ分閉ざした視界で再度前を見たとき、正面の席は空席だった。あたかも最初から不在だったように見えるそこに残るのは、中身を飲み干されたカップひとつ。

 ああちゃんと全部飲んでくれたんだ嬉しいなぁ。

 ―――ではなくて。

 「キ、キレネンコさんー!?」

 ドドドドドッ!と遥か先を駆けていく足音に慌ててプーチンは席を立つ。テーブルの上でカップが倒れてしまったが、そんな事構っていられない。飲めなかったお茶よりも突然部屋を飛び出していった同居人の方が彼にとっては重要だ。
 扉を開け放ち(それでもぶち破らなかっただけこれもまた進歩だとプーチンは思う)疾走していった相手を、わたわたと追う。

 「卵は夕方まで待っても大丈夫ですよーっ!!!」

 そう渾身の力で叫びながら部屋から廊下へ、そして外へと繋がる玄関へ足を踏み出したプーチンは。

 




 ―――穴に、落ちた。

 

 

 

 扉を出たら足元に穴が有るだなんて、誰が思う?



 



  



――――――――――
2010.6.6
日記に投下していた、アリスパロの再録です。
一番最初はアリスと関係ないですが……